ペースとホスピスこの危機をどうにか乗り越えていかなければならない。

ciderapp.org

それは「場」Ⅱ電気力場、電磁場などの性格を仮定できたからです。紙数の都合上、ここでは、拙著『船井幸雄の人間の研究』や『続・船井幸雄の人間の研究』、あるいは本書内でいままでに触れなかったことについてだけ、少し説明しておきます。カンタンですが大事なことです。冒貝配b)の「生命場の研究」です。博士はイエール大学の医学部教授として生涯を「生命場」いわゆる「ライフ・フィールド」の研究にうちこんだ学究者です。ライフ・フィールドというのは生物の電気力場のことで、博士はその科学的測定と応用の第一人者でした。私は、昭和六十三年に日本教文社より神保圭志さんの訳によって刊行された同博士の著書戸弓両国酉ロ』(日本語訳の題名は『生命場の科学』)を読んでから、「場」の研究に打ちこみましここ数年の私の考え方に大きな影響を与えたのは、ハロルド。S・バー博士(雷『。

僕は、もうくじけないと決めました。僕の目のことですが、最近になって、少しよいことが起きています。というのも、僕と同じ症状の方々と初めてお会いすることができたからです。みなさん、僕と同じ薬を服用して、目を悪くされています。僕はその時まで、この病(やまい)は、僕一人のことと思っていたの でした。ですから今は、同じ症状の方々と交流を持つことができ、とても励みになっています。ここまで僕の人生は、実に様々なことがありました。やってきたことは、毎日毎日、ただひたすらヴァイオリンを練習するということです。それは、これからもまったく変わらないと思います。しかし、今後はもっともっと世界中のいろいろなところでコンサートを行うことになるでしょうし、世界中の様々な方々ともお会いすることになると思います。

五○○回転だと一万五○○○円は使う。そして、1回のノーマルでアタッカーが四回開くが、四分の一箱にしかならず(約二○○○円て、’一弱)、百弱)、再び二万五○○○円コースに突入するのだから、始末が悪い。要は店のやりたい放題なのだ。十年前、御徒町アメ横の一本裏通りに「Mホール」がある。そこのドル箱は一○○○個入りと一万六○○○個入りがあった。ドル箱が八箱になると、大型ドル箱に入れてくれた。小さな車付きで、柄杓で玉をすくった。私は大型ドル箱六箱、店の壁に並べたことがある。昔は良く出た。機種は「大工の源さん」だった。 三○万円弱あった。今もあのドル箱、置いているだろうか。この支店でも「大工の源さん」を五○○円で二一連チャンさせたことがある。昔はこのケチケチ店も出したものなのだ。

その副題には「こんな無法集団が政権の座にある危険を知れ」と書かれている。山崎は、「去る十月には、思いもかけず、自民党の先生方が、私を国会に証人喚問せよと要求し、私の身辺は、にわかにキナくさくなった」含文雲春秋』平成六年一月号)と書き、昭和五十五年当時の状況を想起し、つぎのように筆を進めている。「かつて、私は原島嵩氏が内部告発に立ち上ったとき、百数十万人の方々が同調して下さった。その時、自民党の有力な先生方が、大勢で、『君の身柄は引きうけた。どんな迫害からも護ってあげるから、大船にのった気で、徹底的に戦いなさい』と激励して下さった。創価学会の社会的不正や政教一致についての告発を、国会で徹底してやろうという言葉を信じて、百数十万の人達が国会請願の署名をし、自民党の代表の方達にゆだねた。

ホーム RSS購読 サイトマップ